給与担当者必見!タイムカードアプリでできること

タイムカードアプリって何?

スマートデバイスへアプリを入れることで、従業員の出退勤を簡単に管理することができる仕組みです。

大きく分けて、職場にあるタブレット上のアプリで打刻を行う方法と、従業員のスマートフォン上のアプリで打刻を行う方法があります。

前者は、ワンタッチで打刻できるもの、顔認証で打刻となるものなどがあり、簡単に導入しやすい方法です。

後者は、GPS機能を利用し職場の滞在時間を記録するもの、スマートフォンが親機の前を通過することで打刻されるものの他、日報、経費を申請する機能が付いているものなどがあります。
従業員全員のスマートフォンにアプリを入れる必要があるため、少し導入のハードルが高くなります。

また、給与計算との連動で、時給、日給、月給や、住宅費、交通費などの各種手当等、従業員毎に自由に設定ができるものもあり、このような機能を有する仕組みを導入すれば、給与計算に費やしていた時間を大幅に削減することができます。

タイムカードアプリの選定基準

導入を検討するにあたっては、タイムカードアプリでどのようなことができるかを確認しましょう。
簡易的なものでは、出退勤の記録のみに留まるものもあり、給与計算システムと連動できるかどうかで業務がどの程度効率化できるかが変わってきます。
どこまでの効率化を求めるかによって連携機能の有無をチェックしておきましょう。

また、自社に合った機能があるかどうかは大きなポイントとなります。
店舗などの場合は、従業員は決まった場所に出勤しますので、どのアプリでもある程度カバーすることができるでしょう。
営業社員や派遣社員の場合は、営業先や派遣先への直行直帰などもありますので、個別のスマートフォンにGPS機能付きのタイムカードアプリを導入するなどでカバーする必要が出てきます。

このように、まず自社の従業員の勤務と照らし合わせ、確実に出退勤を記録することができるものかどうかを確認した上で導入を進めるようにしていきましょう。