給与計算&勤怠管理をラクチンに!タイムカードアプリの活用方法

アプリで入力して情報を収集できる

タイムカードを使った勤怠管理は、タイムレコーダーがないとできません。会社などにタイムレコーダーを置いておき、打刻をしてそれぞれの時間を記録します。後日タイムカードを集めて集計し、勤怠管理や給与計算を行います。機械的な部分もあれば、手作業も残る仕組みです。タイムカードアプリは、従業員のスマートフォンなどにインストールをしてスマホから出勤時間などを登録します。出勤ボタンをタップすると、その情報が本社のシステムに送られてきます。誰が遅刻したか、残業したかが即時にわかるようになっています。アプリそのものでも給与計算ができるものがありますが、よく使わエれている給与計算システムと連動しやすくなっているものもあります。

色々な打刻方法に対応したシステム

それぞれの会社にはいろいろな働き方をする従業員がいます。社内にずっといる従業員もいれば、ほとんど外出している従業員、出勤日が隔日等になっている従業員、サテライトオフィスとして自宅で勤務をする従業員などがいます。これまでは勤怠管理はそれぞれの従業員ごとに違った仕組みなどを使う必要がありました。タイムカードアプリの中には、いろいろな打刻に対応しているものがあります。まず基本的な打刻としてICカード打刻があります。自分の持っているICカードを登録しておき、それをかざせば出勤などの登録ができます。指紋認証による打刻なら、カードを忘れても打刻ができます。出社しない人は、スマートフォンから打刻ができるので、出張などをしていても打刻ができます。