確かな勤怠管理のために…タイムカードアプリのメリット・デメリット

勤怠管理に活用できるタイムカードアプリのメリットとデメリット

タイムカードアプリを利用して勤怠管理を徹底して行おうとする企業は全国的に増えており、中でも社員によって出退勤の時間が異なる職場においては、欠かせないツールとして定着しています。タイムカードアプリの用途は、各企業の経営方針や業種などによりますが、毎日の残業時間の管理やボーナスの査定などのためにアプリを活用することも一般的となりつつあります。一方、一人ひとりの社員にタイムカードアプリを持たせるために、月々のスマホの料金の支払いが高額になることもあります。そのため、職種や勤務時間などにより、タイムカードアプリを利用する社員の数を調整したり、ダウンロードのための料金が安いアプリを優先的に選んだりすることが効果的です。

給与管理を適切に行えるタイムカードアプリの選び方

タイムカードアプリは、今や給与管理に役立つツールとして民間企業や自治体の役所などで注目度が高まっています。特に、社員数の多い職場においては、管理職や経理担当者などが社員の出勤時間や残業時間などを把握することが難しいこともあり、早めにタイムカードアプリを導入することで、業務の負担を大幅に軽減することが可能となります。また、数あるタイムカードアプリの中でも、リアルタイムで給与計算との連携できる機能が備わっているものは、経理上のミスを減らすうえで大きな役に立ちます。そこで、利用価値の高いタイムカードアプリを見極めるために、時には同業他社がすでに活用しているアプリの価格や使い道などをチェックしてみましょう。